DXサービス事業部

システム開発・インフラソリューションだけに留まらず最新のデジタル技術をビジネスへ活用したデジタルトランスフォーメーションを貴社へ提供します

現在貴社が抱えている困り事を「点」で単純聴取し「点」の中だけであればシンプルに解決できそうなことが多くありませんか。点と点を結び付け複雑化させた上で、ツールを使って解決しようと試みる動きは本質的ではなく、デジタルトランスフォーメーションとは言えません。

弊社が考えるデジタルトランスフォーメーションは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」 という概念に基づき、弊社コアビジネス(ベース事業)の枠組みを超え、最新技術を用いた新たなビジネスモデルを構築し、貴社が目指すデジタルトランスフォーメーションを弊社が提供し共に構築して参ります。

貴社が求められるDX戦略

企業がデジタルトランスフォーメーションを成功に導くためには、最新のテクノロジーを導入するだけは成功できず、次の5つの柱を理解してDX戦略を推進する必要があります。

  1. エクスペリエンス(CX・EX)
    カスタマーエクスペリエンス(CX)だけでなく、従業員エクスペリエンス(Employee Experience = EX)も大切な要素となります。顧客へサービス提供を行うには、EXも含めたエクスペリエンスが重要となります。
  2. 人財
    DXを成功に導くためにアイデアやユニークなサービスを生みだす高いスキルを持った人材の育成や雇用、また活用はとても重要となります。
  3. 変化
    DXを実現するには、企業は大きく変化していかなければなりません。経営層が企業を変えるという強い意志を持ち、行動に移さない限り実現は出来ません。
  4. イノベーション
    コミュニケーションが取りやすく活発な土壌を作り育て、イノベーティブ思考をもった従業員を増やすことにより、イノベーションが起きやすい環境となります。
  5. リーダーシップ
    企業のCEOが関与していないIT戦略のほとんどは失敗に終わることが多い。企業のトップがリーダーシップを執り、DXのプロジェクトを進めない限り成功へ導くことは非常に困難です。また、イノベーションを持った高いスキルを持った人材を多く抱えることにより、そこからリーダーシップをもったメンバーも生まれ、よりプロジェクトを成功へ導く原動力となります。

5つの柱は一言で企業文化を柔軟に変化し、より強固で安定的な物へ進化させていくことが必要となります。

DXサービス事業部が目指す構想推進戦略

貴社が求められるDX戦略へ弊社は3つの段階を順番に推進していきます。

【コアビジネス(ベース事業)】
  • インフラ・開発・RPAなどの分野で本社請負業務を中心に取り組み事業のベースとします。
  • 本社請負業務獲得のためであれば、一時的、一部的な常駐案件にも積極的に対応していきます。
  • 顧客との信頼関係、当社との協業が可能であると判断して貰える関係を築く事を第1目標に業務に邁進します。
  • 開発・インフラ両面に対応できる人財を育成し、次段階の新規事業へと進める最大限の取り組みをしていきます。
【新規事業(挑戦)】
  • 前段階のコアビジネスで信頼を勝ち得た顧客とともに、新たなデジタル技術の活用によるビジネスモデルの創出に尽力します。
  • DXで活躍できる人財の提供、DXを推進させるための本社請負開発、自社サービス構築など様々な手法で顧客との協業に取り組みます。
  • 新規事業に挑戦することで、開発・インフラのスキルに加え、ビジネスに強い人財を育成し、次段階へ進みます。
【最終目標(夢)】

前段階までのDXに対するノウハウの蓄積、IT、ビジネスの両方に強い人財の育成が進め事により

  1. 当社単独で、エンドの立場でのDXサービスの構築
  2. DXエンジニア、DXコンサルタントの創出

を、実現可能にしていきます。

3つの段階は上位下位の関係ではなく、最終的には対等に並び立つものであり、最終目標に到達しても先の2つの重要性が失われる事はありません。

弊社DX推進戦略へご賛同を頂き、デジタルトランスフォーメーションを共に構築し更なる成長を目指したいビジネスパートナーを募集しております。
ご興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。